/*

 
 Gallery 芽楽 A室 


会期 展覧会 出展者 内容 
 
 
 
 
   ‘20.9.19(土)~10.4(日)休廊日 火、水
吉田ルシア展
ーHere-
吉田ルシア 版画  A室
 
吉田ルシア作品 「窓帷」 2020 195x260mm etching drypoint
  ................................................... 
 ■展覧会について
 吉田ルシアはこれまで故郷新潟での生活の記憶を題材に、内面に潜む想いを抉るように赤裸々に表現し、多くの共感を得てきました。
 故郷を離れて10数年、時とともに変わりゆく自然、失われていく縁、薄れゆく記憶のなかで、時の流れに抗するように寂しさに耐えながら故郷を刻んできました。
 そして今、「ここにある」ことの意味を反芻しながら新たな気持ちで過去、現在、これからを刻む。吉田ルシア「Here」、是非ご覧ください。 (芽楽)

■作家メッセージ   
 今いるこの場所から過去を想うこと
今いるこの場所のことを考えること
今ここに存在しているということ

吉田ルシア
  
 
 ■作家略歴
1986 新潟生まれ
2009 名古屋芸術大学美術学部絵画科版画コース卒業
    名古屋芸術大学大学院美術研究科同時代表現研究修了
□展覧会
2008 K-109展(市民ギャラリー矢田/名古屋/‘09.‘10.‘11
    全国大学版画展(町田市立国際版画美術館/東京/‘09、10)
2009 芽楽ミニアチュール展(ギャラリー芽楽/名古屋/`10、`11,`12
    )美術系学生選抜展「美系優秀(文化フォーラム春日井/愛知)  
2010 版の方法論#5ーバンコクと名古屋からー(名古屋芸術大学/愛知)  
    ON THE PLANET-私たちはこの惑星で生きてゆくー
    (Studioplace arts、Flyndog/アメリカ/バーモント州)
2011 個展(ギャラリー芽楽/名古屋) 2013,2014,2016,2018,2020




 感染防止のためレセプションは中止いたします。/作家在廊日:9/19,25(12:00~15:00) 10/4
 
 Gallery 芽楽 B室    
 
会期 展覧 出展者 内容
 
  ‘20.9.19(土)~10.4(日)休廊日 火、水 永草陽平陶展
「glaze color」
永草陽平 陶芸  、B室

 
  
永草陽平作品 
  ...................................................  
 ■ 展覧会について
 初めて作品を拝見したのは2014年の多治見市意匠研究所修了展、大きな白磁鉢の底部に青を配した美しい作品、そこからの展開に興味を覚えた。
 その後時々作品を拝見する機会があり、色と形の変化、多様化など作家の制作過程を垣間見てきました。。流れやすい幾種類かの釉薬の重ね掛けによってできる美しいグラデーションは度重なる実験の結果生み出されるであろうことは想像するに難くない。またろくろ成形による美しい形も追求を重ねた結果であろうと思います。
 芽楽初登場となる今展を前に、作家は釉薬の色に拘り、自分ならではの色彩の釉薬を作れないかと試行錯誤を重ねてきました。
 いよいよ佳境に入った永草陽平の深い神秘的な色と形、どうぞお楽しみください。(芽楽)
 ■作家メッセージ 
 今回は自分ならではの新しい色合いを器の中で表現したいと考えています。

よろしくお願いします。

永草陽平
■作家略歴
1986年 愛知県春日井市生まれ
   2014年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
   2014年 美濃陶芸展審査員 特別賞
   2014年 日本伝統工芸展入選
   2014年 めし碗グランプリ展審査員特別賞
   2015年 東海伝統工芸展入選
   2015年 美濃陶芸展奨励賞
   2016年 日本伝統工芸展入選

*感染防止のためレセプションは中止いたします。/作家在廊日:9/19,20.26,27,10/3,4