/*

 
 Gallery 芽楽 A室 


会期 展覧会 出展者 内容 
 
 
 ‘19.10.12(土)~10.27(日)休廊日 火、水   」林正彦展
ー メキシコの旅を経て人々の多様性を思う。ー
  林正彦   平面  A室
 
林正彦作品
  ................................................... 
 ■展覧会について
 5年に亘るイタリア留学中に「アルテポーヴェラ」などイタリアの先端的な美術運動に触れたのは、その後の制作活動に少なからず影響を及ぼしたようである。殊に身近な物がアートの素材としてなり得るという、その可能性に触発されるとともにモチーフなど美に対する観念が大きく広がった。
 帰国後飯田の赤土との運命的な出会いにより制作が一気に加速する。長い時間をかけて熟成された赤土に深い縁を感じるとともに作品完成までの過程を楽しむ。
 作品は麻布に赤土、銀箔を施しシンプルな構図のなかに人の営み、喜び悲しみを感じさせ深みのある美を表している。
今展では昨年訪れたメキシコでの体験(インディオの人々の)をもとに、改めて「私たちと共にある土」を描きます。(芽楽)
   
 ■作家メッセージ
 昨年11月 縁あってメキシコチアパス州のサンクリストバルという古い町で個展をすることができました。多くの人々に見ていただき大変有意義な展覧会となり嬉しい限りでした。が・・
 展覧会開催以上に私にとって心に残りましたのは かの地の人々の暮らしでした。チアパス州はマヤ民族を源流にする現地人(インディオ)が非常に多く 一般的な「陽気なメキシコ人」とは全く違っていてニコリともしないのには面喰いました。
 朝 村々から野菜や肉、雑貨 衣料などを運んできてインディオたちの市が立ちます。その勢いに魅了されてか怖いもの見たさか2~3日通ったのですが、人々はカメラを向けると後ろを向いてしまいます。何度かそうしていると「やめろ」といったしぐさをされました。・・・
 サンクリストバルは500年も前スペインに征服され植民地経営の町として作られました。古くて美しいスペイン風の街並みの裏には奴隷になれたインディオの歴史があったのです。それから革命や近代化も経ているのですが 彼らの暮らしは貧しく過酷で不条理にさえ思えるのです。そんな人々は 「それでも土とともに生きている」という哀しい人間(私たちとて つい70年前は戦争を経たりして同じような哀しい人間たちなのかもしれない。)というものを見たような気がしました。私はそんな思いを抱いて日本に戻り 人間がともに生きる土というものをなお一層テーマとして深めていきたいと思いました。         林正彦
 
 ■作家略歴
1953 長野県飯田市生まれ
1982 イタリア ペルージア美術アカデミア卒
□最近の展覧会
2015 ギャラリー芽楽(名古屋市)'17,'19
2017 5月 神奈川県民ホール ギャラリー チアパスの画家たち展 
2017 8月 ギャラリー芽楽 個展
2017 11月 埼玉県近代美術館 CAF.N展
2018 1月 名古屋 ギャラリー尋屋 ひのま3人展
2018 3月 東京銀座 ギャラリー志門4人展
2018 5月 飯田市 ギャラリー南無 個展
2018 8月 飯田市 ウエルネス丘の上クラノ 個展
2018 11月 メキシコ サンクリストバル サントドミンゴ教会のロス
アルトス美術館 個展

 
 ◇レセプション:10月12日15:00~16:00 
生田創氏によるチェロの演奏会と作家のトークを行います。
 たくさんの皆さまのご來廊をお待ち申し上げます。

 
 Gallery 芽楽 B室    
 
会期 展覧 出展者 内容
 
 
 ‘19.10.12(土)~10.27(日)休廊日 火、水 田鶴濱優香陶展 
ーつむぎー
田鶴濱優香 陶芸  B室

 
  
田鶴濱優香作品 
  ...................................................  
 ■展覧会について
 優香さんの作品はひと目でそれと分かる。
技法は一貫して練り込み。あえて困難さを伴うこの技法にこだわり、課題を克服しながら進化を続けている。
赤土と白土の配色の美しさ、やわらかな曲線、そこから生み出される美しいフォルム、が特徴です。
今展のタイトルは「つむぎ」。つむぎに学ぶべきところがたくさんあるのだと思います。気取らない美しさ、使うほどに出てくる味、気品・・・。
さらに磨きがかかった優香作品、ご高覧よろしくお願いいたします。

今展では、日常の器など出展いたします。(芽楽)
 
 ■作家メッセージ 
布は糸から、木は年輪、大地は地層…
小さな積み重ねが空間を作っていきます。
つむぎは、その小さな小さな積み重ねに気持ちを込めることだと思います。

今の私にとって、土を練り込むということは、そういうことだと思っています。
まだまだ、無には、程遠い…。

田鶴濱 優香 
 ■作家略歴 
1972大分県生
昭和女子大学で建築を学ぶ
會田雄亮研究所で陶芸に触れる
2001常滑市立陶芸研究所修了
2004常滑にて独立
□個展他
2007ギャラリー芽楽〔名古屋市)'12,'14,'17,'19
他個展、グループ展多数

  ◇レセプション:10月12日15:00~16:00 
生田創氏によるチェロの演奏会と作家のトークを行います。
 たくさんの皆さまのご來廊をお待ち申し上げます。