Gallery 芽楽 A室 


会期 展覧会 出展者 内容 
 
 
  ‘18.6.30(土)~7.15(日)休廊日 火、水  堀池典隆展
ーパリ、アジェと100年の隙間ー 
堀池隆  
写真

 A室
 
 
堀池典隆作品
  ................................................... 
 ■展覧会について
 堀池は名古屋芸術大学、日本写真専門学院名古屋校で写真技術を修得後、デザインやマスメディアの仕事に
携わる傍ら写真撮影を続け数多くの個展、グループ展で発表してきた。
 ここ数年は度々フランスに赴き、歴史的な題材をテーマとしている。殊にパリや南欧の「ル・トロネ修道院」の静謐な作品は多くのファンを魅了している。
 今展「パリ、アジェと100年の隙間」展では、パリ100年の文化の時空を辿ります。是非ご高覧ください。(芽楽)
 ■作家メッセージ
 ウジェーヌ・アジェ(Jean-Eugène Atget 1857-1927 フランスの写真家)は41歳からパリの街かどの撮影を始めました。それも当時ではもはや時代遅れともなった蛇腹の大型カメラ(ガラス乾板カメラ)での撮影でした。19世紀末といえば、1889年にパリ万国博覧会が開催されエッフェル塔が完成したそんな時代です。
 およそ100年前に写真家「アッジェ/Atget」が撮影したパリの街角を探訪し、同じ場所で今の街かどを撮影する時、はたして何が見えてくるのでしょうか?彼がガラス乾板に定着させた街かどを訪ねてみると、100年前とほぼ同じ光景が見られる場所もあれば、ほんの僅かしか手がかりが残っていない場所もあります。100年前にアジェが見た場所と現在の間にどんな“時空の隔たり”があるのでしょうか?それともそんな隔たりはそもそも存在しないのでしょうか?
 「パリ、アジェと100年の隙間」と題して、“アジェの写真”と“小生が撮影した今の写真”を重ね合わせながら、時空の思考を“従来の写真プリント”と“アクリル板を使った半立体表現”で試みます。    堀池典隆

 ■作家略歴
堀池典隆/ PaPa Horiike (「Poubelle」プベル 主宰)
1955 静岡市生まれ
1977 日本写真専門学院名古屋校卒業(現・専門学校日本デザイナー芸術学院 名古屋校)
1978 名古屋芸術大学 美術学部卒業
1978~1982 カメラメーカーのギャラリーなどで個展、グループ展を開催
2011~ 作家活動を再開、グループ展多数参加(2015年~作家活動に専念)
2014 個展 「PARIS 2.5v-isite/パリフォト展」、個展 「パリの屋根の下で」
2016 「トリクローム/三人展」
2017 「トリクロスセッション/三人展」、個展「ル・トロネ修道院」、個展 「写真とフランス映画展」
 レセプション:6月30日15:00~16:30 
  ギャラリートークとチェロ奏者生田創さんによる演奏会を開催いたします。(入場料 無料) 

 
 Gallery 芽楽 B室    
 
会期 展覧 出展者 内容
 
 
  ‘18.6.30(土)~7.15(日)休廊日 火、水  日置哲也陶展
ートキノマー
日置哲也 陶芸  B室

 
  
日置哲也作品 
  ...................................................  
 ■展覧会について 
陶芸家 日置哲也
土の探究家でもある。

砕く、加える、まぜる、焼く
土と火と手の共演

陶芸の可能性をさらに広げる。
未知の「美」を追求する

日置の仕事「トキノマ」
是非ご高覧ください。

芽楽
 
 
 ■作家メッセージ 
 これからの話をしよう

日置哲也 
 
 ■作家略歴 
1976 岐阜県各務原市生まれ
2001 岐阜県立多治見工業高校専攻科卒業
2011 ギャラリー「なうふ」アートフェア
2012 MINO CERAMICS NOW 2012
2014 第10回国際陶磁器展美濃入選
   GARERIE hu Exhibition:8Artists of Mino
2016 個展「美しい」(ギャラリー芽楽/名古屋市)
◇レセプション:6月30日15:00~16:30 
 ギャラリートークとチェロ奏者生田創さんによる演奏会を開催いたします。(入場料 無料)