Gallery 芽楽 A室 


会期 展覧会 出展者 内容 
 
 
  ‘17.9.2(土)~9.15(日)休廊日 火、水 森井開次展
ーいみをさっくりとまぜるー
森井開次
平面

 A室
 
 
森井開次作品
  ................................................... 
 ■展覧会について
 森井さんの作品はシンプルである。
しかしその過程にはいくつかのステップがある。
制作に向かう気持ち、制作へのアイディア、
制作過程での変化への対応、調整、思考、展開・・
そして最後に,「シンプル」となる。
色も構図もシンプル
線にも迷いがない
出来た絵は小気味良i。

芽楽
 ■作家メッセージ
 さっくりと混ぜる」という表は、ケーキ作りのレシピなどでよくみられるもので、小麦粉とメレンゲなどを混ぜ合わせるときにメレンゲの気泡をこわさないようにうまく混ぜる、というような意味があります。同じ材料を同じ比率で混ぜるにしても、混ぜかた如何で結果は大分違うようです。
 絵を描くとき、事前に考えてい ることと 実際に描くのとでは事情が全然違っていて、この二者関係がどうなるかで絵の性格が決まっているような気がします。二者がさっくりと混ざればよいのですが、今度はどの程度のさっくりさかが問題になります。   森井開次

 
 ■作家略歴
1979 滋賀県生まれ
2003 愛知県立芸術大学美術学部美術科油画専攻卒業
2005 愛知県立芸術大学大学院美術研究科油画専攻修了

個展
2007 はるひ美術館
2012 「感情長屋」(ギャラリー芽楽/名古屋市)
2015 「気配」(ギャラリー芽楽/名古屋市)

グループ展
2008 「橋をわたる」 豊田市美術館市民ギャラリー
2010、2011 「アイチ・ジーン」 愛知県立芸術大学芸術資料館、はるひ美術館
2012 「秋の小旅行」  銀座通り、中央通り、末広通り商店街 (瀬戸市) 
2013 ART NAGOYA 2013(ウェスティングナゴヤキャッスルホテル/名古屋市)
2016 あいちからの発信/発進(ギャラリー矢田/名古屋市)
 ...................................................   
 レセプション:9月2日15:00~16:00 
   ◇ お客さまと作家の交流会です。お気軽にお越しください。  
 
 Gallery 芽楽 B室    
 
会期 展覧 出展者 内容
 
 
   ‘17.9.2(土)~9.15(日)休廊日 火、水 穴山大輔陶展
ー翠窯の仕事と共にー
穴山大輔  陶芸

 
 
  ■展覧会について
 穴山大輔は東北芸術工科大学、瀬戸市新世紀工芸館で陶芸を学び、瀬戸市で独立、2013年に瀬戸窯元翠窯を設立した。
 作品は年を経るごとに変遷を重ねているが、それは彼の陶芸に対するひた向きな姿勢の表れでもある。土の力、様々な釉薬の不思議さ、楽しさを身をもって感じ研究し、また古典的な美を探究しつつ、自らの形、機能、質感を追い求めてきた。「古き良きものを、現代の食卓に」をモットーに愛される器作りを続けている。
 当ギャラリー3年振り5度目となる今展では、翠窯と共に生まれてきた作品の他、穴山の新作を展示いたします。是非ご高覧ください。(芽楽)
 ■作家メッセージ
 新作の釉薬を中心に日常食器を発表します。
また、翠窯からも人気の「Lotus Plate」の新しい器種を発表します。

穴山大輔
  ■作家略歴
1981  栃木県生まれ
2005  東北芸術工科大学 卒業
     長三賞陶芸展 入選
2006  織部の心作陶展 金賞/朝日クラフト展 入選
     益子陶芸展  入選/朝日陶芸展  入選
2007  瀬戸市新世紀工芸館終了
2008  国際陶磁器美濃フェスティバル入選
2009  個展 ギャラリー芽楽(名古屋市)、‘10、‘12、‘14
     現在瀬戸市にて制作
2013 翠窯を立ち上げる
◇レセプション:9月2日15:00~16:00 
  お客様と作家との交流会です。お気軽にお越しください。