Gallery 芽楽 A室 


会期 展覧会 出展者 内容 
 
 
  ‘18.6.2(土)~6.17(日)休廊日 火、水   柴田節郎陶展 
ー日々の楽ー
柴田節郎  
陶芸

 A室
 
 
柴田節郎作品
  ................................................... 
 ■展覧会について
 陶芸家柴田節郎さんは一貫して陶という素材と向き合い、その可能性を広げてきました。社会性のある作品、遊び心や思索に富んだ自己表現、気品のある美しい作品・・・その領域は多岐である。若い頃の油絵、陶芸、デザイン体験、土岐市立陶磁試験場での素材、技術研究、京都川島工房での修行など巾広い知識、体験と持ち前のセンスが基盤となっており、今なお旺盛な制作力を支えている。
 陶暦も50有余年となられるが、自らの制作のみならず、後進の指導、海外アーティストのレジデンスサポートなど多忙な日々を送っておられる。
 今展の新作楽茶碗は斬新な形、薪窯ならではの表情、気品を備えおり、節郎さんの歴史にまた新たな1ページが加わった。ご高覧よろしくお願いいたします。(芽楽)
 ■作家メッセージ
 近年楽焼き(薪窯) にはまり、試行錯誤です。

日々苦闘の毎日、でも楽しい。

柴田節郎

 ■作家略歴
1940 岐阜県多治見市生まれ
1956 西寺鉄舟氏に油絵を師事
    「絵を描く心を知り、この時の教えが今の物造りの中に根付いた」
1957  県立多治見工業高等学校図案化卒
    土岐市立陶磁器試験場に入り翌年58、京都出張で八木一夫氏に出会う
    「社会性を持った陶芸界を知る」
    日野根作三氏に陶工芸について学ぶ
    「約15年間陶工芸のいろはから学ぶ」
1965  陶磁器試験場退職
    河島工房(京都)にて研修
1968 多治見市に陶房を開窯
    現在に至る。
個展 2010年岐阜現代美術館他国内外で多数開催<br>
当ギャラリーでは、‘05、‘07、‘10‘12、'14、’16に次いで7回目の個展
 現在 手窯 やきもの教室 杜の家 主宰
 レセプション:6月2日15:00~16:00 
  お客さまと作家の交流会です。お気軽にお越しください。 

 
 Gallery 芽楽 B室    
 
会期 展覧 出展者 内容
 
 
  ‘18.6.2(土)~6.17(日)休廊日 火、水  山川マサミ展
ーてで つくる よろこびー
 
山川マサミ オブジェ、モビール、アクセサリーなど
 B室

 
  
山川マサミ作品 
  ...................................................  
 ■展覧会について 
 山川マサミは夢の空間アーティスト!

空には月やお星さまが輝き、

モビールが微かな風に揺らぎ、

天使や精霊、不思議な動物たちが遊び、

おもちゃがリズムを奏でる。

小箱のなかにも何か・・。

ブローチやネックレスも、

今度の出会い何?

お楽しみに!

芽楽 
 
 
 ■作家メッセージ 
 気力がなくなり、15ヶ月ほど作品が作れませんでした。
そんな時が自分に訪れるとは、思ってもみませんでしたが、
時間を経て今、手で形を作り出す事を楽しんでいます。
あまり気負わず、目の前の事を淡々と。

山川マサミ
 
 
 ■作家略歴 
1987 愛知県立芸術大学美術学部デザイン科卒業 卒業制作作品買上
1988 個展 アトリエ・ヌーボー(池袋)‘90、‘91、‘92、‘93
    全国ウッドクラフト公募展(奨励賞)‘90(アイデア賞)‘91(優秀賞)
    ’96(奨励賞)
1993 個展 ハートフィールドギャラリー(名古屋)‘00、‘02、‘04、‘06
1999 丹波の森ウッドクラフト展(準グランプリ)‘99(準グランプリ)'00(グランプリ)・文部大臣賞

    ‘03(特別賞)‘04(アイデア賞)
2008 個展 ギャラリー芽楽(名古屋市)‘10、‘12、`14、’16
その他、個展、グループ展、公募展など多数
 
◇レセプション:6月2日15:00~16:00 
  お客様と作家との交流会です。お気軽にお越しください。