Gallery 芽楽 A室 


会期 展覧会 出展者 内容 
 
 
 ‘18.9.29(土)~10.14(日)休廊日 火、水 野々村麻里展
ー調律ー
 野々村麻里
平面

 A室
 
 
 野々村麻里作品「服」
  ................................................... 
 ■展覧会について
かってより気になる作品を描いていた
どこかに惹きつけられるところがあり、
機会あるごとに拝見してきた。

決して急がない
時の運びを確かめるように
自然の声に耳を傾けながら
宇宙と自分の距離を確かめるように
ゆっくりと歩を進めてきた。

そして確かな美しさが見えてきた
深奥から美しい音が聞こえてくる
野の一隅に小さな花が輝いている

時を経て磨かれる美、是非ご覧ください。

芽楽
 ■作家メッセージ
微妙にずれてしまった音を、慎重に、合わせていく。

日々のずれを、作品を通して戻して行く過程と、重なって見えた。

野々村麻里
 ■作家略歴
1987 年 愛知県生まれ
2010 年 名古屋芸術大学美術学部絵画科洋画卒業

主な個展
2009、2010 年 YEBISU ART LABO(名古屋)
2012 年 名古屋市民ギャラリー矢田
2015、2017 年 織部亭(一宮)

名古屋を中心に、グループ展等にも多数参加。

愛知県にて、制作活動を行う。

 
 レセプション:9月29日15:00~16:00 
  作家とお客様の交流会です。お気軽にお越しください。
 
 Gallery 芽楽 B室    
 
会期 展覧 出展者 内容
 
 
‘18.9.29(土)~10.14(日)休廊日 火、水 大西佑一 展 
Ceramic Work 
大西佑一 陶芸  B室

 
  
大西佑一作品 
  ...................................................  
 ■展覧会について 
 2017年の「二人展」に続いて2度目の芽楽出展となります。
名古屋芸術大学に於いて陶芸家吉川正道氏の下で陶芸を学び、卒業後も現在同大にて陶芸技術補助員を勤めています。学生時代から数多くの展覧会に出展、2015年の「CBC翔け!二十歳の記憶展」では準グランプリを受賞するなど高い評価を得ています。
 素材は磁器、釉薬には故郷熊野市で産出する那智黒石を砕いた粉末を調合しており、艶のある淡い緑を発しています。また造形には作家の感性が表れており、巧みなカットワークにより鋭いエッジや緩やかなカーブが作品に優美な陰影を与えています。作家の若々しい感性、陶芸への熱い想いが伝わってきます。
 今展ではオブジェや食器、酒器、花器など出展します。ご高覧よろしくお願いいたします。(芽楽)

 
 ■作家メッセージ 

 日々、作品を通してたくさんの方と関わることに大きな意味を感じています。

私がカタチづくるそれらは、自分自身の表現としてだけで完結するのではなく、
作品をきっかけとして会話がうまれ、人と人が繋がっていく、そんな存在になれば。

作品と出会ってくれた方、それぞれの生活に色を添えられる
きっかけの一つになれば幸いです。

土と釉薬の表情に向き合った作品たち。
一つひとつ違った表情をお楽しみください。

大西佑一

 ■作家略歴 
1993 三重県熊野市生まれ
2016 名古屋芸術大学 美術学部美術学科工芸領域陶芸コース 卒業
2016 名古屋芸術大学 美術学部美術学科アートクリエイターコース 陶芸助手

主な個展
2015 「大西佑一 陶展」(紀南ツアーデザインセンター / 三重)
2017 「大西佑一 展」(ギャラリーあさひ/愛知)
   「大西佑一 展 -食・器・音-」(Inamura Café / 神奈川)
    「大西佑一 展」(GALERIE La Paix / 愛知)
グループ展
    愛知県内を中心に多数開催
賞歴 
    2015 「第10回 CBC 翔け!二十歳の記憶展」 準グランプリ (主催:CBCテレビ・CBCラジオ)
 ◇レセプション:9月29日15:00~16:00 
  作家とお客様の交流会です。お気軽にお越しください。